旧世界と新世界って何?味が違う理由はテロワールにある!

Ellenのワイン教室です。

前回の記事で旧世界と新世界の話が出ましたが、それはいったい何なのか説明したいと思います。

ワインを作っている地域を大きく分けて、ヨーロッパの国々とそれ以外の国々があります。ヨーロッパの国を旧世界、古くからワインを作っていきました。それ以外の、アメリカやオーストラリア、日本なんかも含めて新世界(ニューワールド)と呼びます。

  • 旧世界:フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、ポルトガル、オーストリアなど
  • 新世界:アメリカ、チリ、ニュージーランド、オーストラリア、アルゼンチン、南アフリカ、日本など
Image result for 新世界 ワイン

では、旧世界のワインと新世界のワインはどっちがおいしいの?

答えは 

どっちもおいしいです。ただ個性が違います。

旧世界は伝統的な作り方に従ってワインを作り、毎年の天候も不安定。よってその年その年ワインの出来合いが微妙に異なり、それをテロワールに反映したワインと言います。

※テロワール:ワインなどの品種における、生育地の地理、地勢、気候による特徴を指すフランス語。

新世界はどうでしょうか。新世界はアメリカやチリ、南アフリカ等、比較的に高温で、気候が安定的な場所が多い。もちろん最近は新世界でも冷涼な地域が増えましたが、気候に恵まれているところが多いです。それが原因で、トロピカルな香り、甘味がまろやか、果実味豊かなワインが毎年一定の品質でできます。

あまり深く考えず、とりあえずうまい、気楽なワインを飲みたいなら、新世界。複雑な香りや味、雰囲気演出なら、旧世界のワイン、と言ったところでしょうか。値段からしても、新世界の方が大量生産や人件費割安のため、コスパがいいです。

それも気楽に楽しめるワインの条件に当てはまりますね。

最後に言わなければいけないことですが、非常にざっくりとした考え方をお伝えしています。細かいことを言えば、旧世界はさることながら、新世界だって国、地域ごとに特徴が違います。

その国の文化、国民の性格までも反映してしまうワイン作りは、奥が深いです。別の機会で、じっくり話したいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中