自粛を学びの時間に【産地編】 初心者だからこそ抑えてほしい名産地  フランス・ボルドー

ごきげんよ~、Ellenのワイン教室へようこそ。

今日も引き続き、フランスの銘醸地について、Ellenの大好きなボルドー地方です!!


ボルドーのざっくり概論

初心者でも一回は聞いたことある ボルドー地方はどんなところなのでしょうか。

フランスの西南、大西洋が目と鼻の先、ジロンド川という大きな運河が流れ、

ボルドーという都市を中心に広がる産地です。

ガルフ湾流という暖流によって、緯度の割には温暖な海洋性気候

関連画像

ジロンド川の南側(左岸といいます)で最も有名な産地はオー・メドック地区

北側(右岸)はサン・テミリオン地区

川の上流に行くと、グラーブ地区や貴腐ワインで有名なソーテリヌ地区など、

いろいろありますが、初心者はとりあえば、オー・メドックとサン・テミリオンを覚えましょう。

ちなみに、ボルドー市街区域は都市自体が世界遺産となる美しい場所で

ご縁があれば、ボルドーで宿泊してのワイナリー巡りがおすすめです。

「ボルドー 都市」の画像検索結果

ボルドーではワイナリのことをシャトーと呼びますが、シャトーというのはフランス語でお城の意味。

名前の通り、お城のような立派な建物がブドウ畑に聳え立ち、

そのお城でワインの醸造、熟成、保存、そして顧客を接待します。

場所によってはオーナー一族が住んでいたり、ホテルのような客室なんかも用意されたりします。

お城はシンボルマークとして、ワインのラベルに載せることも多々あります。

「ボルドー シャトー」の画像検索結果
「ボルドー シャトー」の画像検索結果


ボルドーの代表ブドウ品種とその味わい

ボルドーは昔から、長期熟成に向くカベルネ・ソーヴィニョンメルローなどの品種が得意です。

他にもカベルネ・フランや白のソーヴィニヨンブランもありますが、わき役のイメージです。

左岸はカベルネを多く、右岸はメルローを多くブレンドして、フルボディーな赤を生産。

濃縮した果実味と上品なタンニン、いつまでも続く長い余韻が特長的。

その濃厚な味わいは多くの人々を魅了してきました。

実は、Ellenもそのうちの一人、様々なワインを飲みましたが、やっぱりボルドーが一番好きですラブラブ

料理に合わせるというよりは、ワイン単体で楽しみます。

恋人と二人っきりの夜とか、記念日のような特別な日に飲みたくなるようなワインです。


ボルドーワインの格付制度

ここから少し難しい話ですが、ボルドーではワインをランク付けする格付制度があります。

一級シャトーとか、聞いてことありますか?

これは優良なワインを生むシャトーを1級から5級まで5段階に格付けしているものです。

毎年格付は見直しされるとは言うものの、ほとんど変わることはありません。

現在5級が18シャトー、4級が10シャトー、3級が14シャトー、2級が14シャトーです。

「ボルドーワイン 格付」の画像検索結果

そして永遠の憧れである1級シャトーには、

「シャトー・マルゴー」、「シャトー・ムートン・ロートシルト」、「シャトー・ラトゥール」、

「シャトー・ラフィット・ロートシルト」、「シャトー・オー・ブリオン」

と、この五つから成り立っています。

これを五大シャトーと呼びます。

「シャトーマルゴ」の画像検索結果

ただ、お金のにおいがするのも事実です。

五大シャトーは値段が高く、特にあたり年のビンテージなんかは十万以上します。

割と最近のビンテージは●万で収まりますが、若いうちは渋くて飲めません。

20年、30年ぐらい瓶内熟成して、初めて真の実力を発揮するので、

その間の保管リスクなんかも考えないといけません。

つまり、お金持ちのちょっとした趣味みたいな世界ですね…

我々一般人には、手が届かない…💦

ちなみに

このような五大シャトーでも、近ごろセカンドラベル、サードラベルと言った、トップには選ばれなかったブドウを

使ったワインを出しています。でもまだ高いです…

シャトーによっては、サードラベルでも一万円前後はします。

「ボルドー サードラベル ムートン」の画像検索結果
シャトー・ラトゥールのサードラベルワイン

ボルドーワインの買い方

Ellenが思うには、何も格付けシャトーじゃないとボルドーの魅力が分からないことはありません。

格付けが付いてなくてもおいしいボルドーワインはたくさんあって

Ellenもそれらを飲んでボルドーを好きになったのですからw

ただ 一つ注意が必要なのは

新世界のワインと違って、旧世界の銘醸地ワインは安すぎるのは危険です。

いくらなんでも1,000円台のものは、よっぽどの掘り出し物でない限り、その産地本来の特徴を表現できないことがただあります。

下手に安いものを選んでしまうと、その味の印象が先行してしまい、あたかもすべてのボルドーはみんなそんな味なんだと勘違いするワイン初心者は多くいらっしゃいます。そんなことになってしまうと、正直悲しいです。

では

いくらぐらいのものが妥当なのか?

個人的には旧世界の銘醸地ワインは基本的に

3,000円以上のものを選ぶべきだと思います!!

(ブルゴーニュも同じです。正直それでも安いぐらいです。)

家飲みで3,000円というと、現実的ではないという声もありますが、それならハーフボトルを選んで安く済ますとか、大勢で飲んで割り勘するとか、特別なシチュエーションで飲むとか工夫をしてみる。それぐらい努力する価値のあるワインです!!

あとは…

Ellenが飲んだ奇跡の一本を素直に買って飲むとかwww


少し産地の話から離れましたが、以上がフランス銘醸地のボルドーでした。

退屈な自粛生活を、少しでも有意義な時間に~~~✨

Ellenのワイン教室からでした💛


★オンラインサロン開催のお知らせ★

4月10日(金)より、いよいよEllenのワイン教室 オンラインサロンが一般公開されます!!

外出ができなくてもEllenやワイン仲間とオンラインでワインを楽しんで学べるオンラインワイン会

他にもコンテンツいろいろ、どこでもいつでもEllenからワインを学べます📲💛

4月はオープン記念として、参加費無料で体験できます!!

お見逃しなく(*^▽^*)

サロン詳細についてはコチラ♪

自粛を学びの時間に【産地編】 初心者だからこそ抑えてほしい名産地  フランス・ボルドー” への11件のフィードバック

  1. ボルドー、いつか行きたいな~。
    ボルドー大学に醸造学部があるって聞いたし(*^^)v
    (フランス語できないけど…(^^;)
    サンテミリオンってカナダの地名かと思ってました( ;∀;)

    いいね: 1人

  2. 間違えました…(^^;
    昔(っていっても、ず~っと前)中森明菜主演で「サンテミリオン殺人事件」っていうドラマがあって。その撮影地がカナダの東海岸だと思いこんでて…。ケベックとかフランス語圏ですよね‥。今調べたら、間違ってました。すいません”(-“”-)”(←バカ丸出しですね…( ;∀;))

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中