ワイン初心者こそ知ってほしい 有名ワイン【五大シャトー オー・ブリオン】

Good Morning!!!

Ellenのワイン教室へようこそ!!

五大シャトーシリーズも今回でいよいよ最終回です。

最後は私の大好きな、シャトー・オー・ブリオンの話です。

なぜ好きかというと、実際オー・ブリオンに行ったことがあり、

その時の対応が神だったんです!!!!

シャトー・オー・ブリオンの詳細 / オールドビンテージ・ドットコム

当時シャトー・オー・ブリオンは、ホームページから予約すれば訪問することができ、

訪問に一切の面倒な手続きがなく、シャトーのガイドさんがシャトーの醸造所、地下貯蔵所、畑などに

細かく案内してくれます。

それだけでもありがたいのに、なんと最後に、貴賓室まで案内され、

シャトー・オー・ブリオン、そしてシャトーが所有するシャトー・ミッション・オーブリオンを

試飲をさせてくれます。

この試飲、なんと、タダなんです!!!!!

飲んだあとに、請求されるのではないかとドキドキしていましたが、

なにもなし!

もちろん、ボトルを買ってとかの変な勧誘もありません!(あるわけないよねw)

すべてタダ!!!

ど、どんだけ太っ腹なんだ!! 正に王者の風貌!!!

その時から、私の中のNo.1は、シャトー・オー・ブリオンになったのです♡(笑)

ああ、ついつい熱くなりすぎてしまいました(;’∀’)

えへん、え~と、今回も歴史の話から入りたいと思います。


オー・ブリオンの歴史

1855年メドックの格付制度ですが、唯一審査対象のメドック地区ではない、

グラーヴ地区から1級に選ばれたシャトーがあります。

それがシャトー・オー・ブリオン。

シャトー・オー・ブリオン / CH.HAUT BRION | エノテカ - ワイン通販

1500年という醸造歴史を有するオー・ブリオンは、

ヨーロッパ特にイギリスでその名声を広めていたことから、

例外として認めたものです。

五大シャトーはどちらかというと、若い時とても飲めない印象ですが、

オー・ブリオンはグラーブ地方の土壌の関係で、

柔らかくシルキーで若い時から親しみやすいと言われています。

トランプ米大統領が英王室の晩餐会に出席、女王を称賛 - ロイター
イギリスの王室ディナー

また、オー・ブリオンは特にイギリスで人気が高く、

1661年イギリスの王室ディナーで169本のオーブリオンをサーブされた記録が残っています。

そんな古い時代から今となっても、オーブリオンはイギリスのワイン評論家から高い評価を受けています。

しかし、そんなオー・ブリオンもずっと順風満帆ではありません。

フランス革命で当時のオーナーが処刑された後、

所有者が定まらず転々とオーナーチェンジする苦難の時代がありました。

1935年ニューヨークの銀行家クラレンス・ディロン氏がシャトーを購入したことがきっかけで、

安定期を迎え、その孫娘ジョアンがシャトーを引き継ぎ、

現在はジョアンの息子であるロベール氏がオーナーを務めています。

Chateau Haut-Brion THE CELLAR Roppongi(ザ・セラー六本木)【ワイン ...

アメリカ人の経営者だから、訪問者をフレンドリーに迎えるのでしょうか。

と勝手にEllenは想像しちゃいましたw


オー・ブリオンは赤ワインだけではない

メドックの格付制度は赤ワインのみを対象にしているが、

オー・ブリオンは上質な白ワインも生産しています。

「シャトー・オー・ブリオン・ブラン」です

グラーヴ地区はメドック地区より気温が2,3度高く、

白ブドウのセミヨンやソーヴィニヨンブランに適した環境でもあります。

この白ワインはパーカーポイントの高得点を毎年得ていますが、生産量がわずか450~650ケースと非常に少ない。

そのため、市場に出回ることが少なく、オークションで高値で取引される人気高い白ワインの一つです。

ワイン 白ワイン シャトー・オー・ブリオン・ブラン 2011年 フランス ...

まさに、死ぬまでに飲んでみたい白ワインですね~


オー・ブリオンのセカンド

オー・ブリオンの赤の平均価格約7万、白の方が高く10万ほどはします。

赤は若い時から楽しめると言いますが、非常に濃縮していることは確かで、

早めの抜栓や、ディキャンタージュが欠かせません。

複雑な香りと味わい、長く響き渡るパワフルな余韻が楽しめます。

でも高い!!

そんなオー・ブリオンのセカンドラベルは約1.5万円と、

五大シャトーの中では比較的に良心的な値段ではないでしょうか。

LE CLARENCE D HAUT-BRION レ・クラレンス・ド・オーブリオン

フランス ル・クラレンス・ド・オー・ブリオン (ワイン) 価格比較 ...

オーブリオンのセカンドワインは17世紀から造られていたとされ、生産が最も古い。

ファーストと同じ畑で取れた基準に満たないブドウを有効活用し、

そのクオリティはロバート・パーカーも絶賛しているほどです。

機会があれば、ぜひ飲んでみたいですね!!!

5大ボルドーワイン『シャトー・オー・ブリオン』買取まとめ | 買取は ...

五大シャトーについては今回で終わりですが、ボルドーは五大シャトーのみではありません。

2級~5級でも素晴らしいシャトーがたくさんありますし、右岸と呼ばれるサン・テミリオンやポムロール地区

でも伝説なシャトーがたくさんあります。

次は日本で人気の高いシャトーや、コスパのよいシャトーなどについて書きたいと思います♡

【関連記事もチェックしてね】

五大シャトー シャトー・ラトゥールの話

五大シャトー シャトー・マルゴーの話

★Ellenのオンラインサロン★

月額1,000円でEllenと楽しくワインを体験・学ぶオンラインサロン

参加者絶賛募集中 ↓ ↓ ↓

詳しく知りたい方はコチラからどうぞ ♪♪

ワイン初心者こそ知ってほしい 有名ワイン【五大シャトー オー・ブリオン】” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中