話題のボルドーワインを知る シャトー カロン・セギュール

こんにちは、早く安心して電車が乗りたいEllenです~

今日もEllenのワイン教室へようこそ♡

五大シャトーシリーズが終わってなんとなく寂しい気持ちになっちゃいました…

な~んてことはありません!!

だって、五大以外でも、ボルドーでは話題のワイナリーが数えきれないほどあるからラブラブ

ボルドーの左岸と右岸のあの気になるシャトーについて順次お話したいと思います。


先ずはタイトル通り、格付け3級のシャトー カロン・セギュールです。

価格約1.5万

Related image

どこかで見たことあるこのハートマークのワイン。

バレンタインや結婚記念日などですっかり定番となっているのが、このカロンセギュール。

とはいい、1.5万円もするので、なかなかバブリーな感じはしますねw

なぜハートなのか?

それはこのシャトーをこよなく愛したかつてのオーナー、セギュール伯爵由来です。

セギュール伯爵ってどっかで聞いたことある気がしませんか?

そうそう、18世紀にラトゥールやラフィットなど、名だたるシャトーを所有していた方で、

以前のブログでも紹介した同一人物です。

そんな彼が何よりも欲しがっていたのが当時の「カロン」と呼ばれるシャトーでした。

念願のカロンを入手した後、自身の名前を加えて改名し、今の「カロン・セギュール」となったのです。

なるほど、カロンに対するなにか特別な感情があるわけですね。

Image result for シャトーカロンセギュール

のちに伯爵は所有していたシャトーを次々と手放すことになるが、

カロン・セギュールだけは最後まで手元に残し、

「ラトゥールでもワインを造っていたが、私の心はカロン・セギュールにある」という熱い言葉さえ残しています。

そんなシャトーに対する伯爵の愛情をハートマークに託し、ラベルに描いたと言われています。

Image result for カロンセギュール

まるで本命の恋人に対する変わらぬ愛情のようで

なんか、ちょっと泣けてくるね

実はその後も、ヨーロッパの名家ガスクトン家がシャトーを長きにわたり守り続けましたが、

2012年にフランスの大手保険会社により買収されてしまいました。

でもそれは決して悪いことではなく、

買収後20ミリオンユーロをかけて設備更新やブドウの植え替えを行い、

品質が劇的に向上し、今やメドック格付け3級の中ではトップに筆頭するまで飛躍しているそうです。

以前Ellenが飲んだのは残念ながら2012年よりも前のビンテージでした。

確かにおいしいけど、なんでしょ~あせる

印象に残らないというか、これじゃなくてもいいというか…笑

2012年品質改善後のものをいつか飲めるのを楽しみにしています。

【関連記事もチェックしてね】

五大シャトー シャトー・ラトゥールの話

五大シャトー シャトー・マルゴーの話

大シャトー オー・ブリオンの話

★Ellenのオンラインサロン★

月額1,000円(先着30名まで)

Ellenと楽しくワインを体験・学ぶオンラインサロン

参加者絶賛募集中 ↓ ↓ ↓

詳しく内容はコチラからどうぞ ♪♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中