次元上昇するにはどうすればいいのか?

 

占星術師・才能開花コーチ・人生冒険家のEllenです。

皆様の才能と本来の魂の使命で、たった一度の人生を最高の旅にすることをお手伝いしております。

今回は、『Ellenのお悩み解決ライブ』8/18 配信、第14回目から、お悩みというかご質問で、「次元上昇するにはどうしたらいいか」についてです。

次元上昇とは?

今回のご質問はこちらです。

次元上昇とはどんな現象?
どのようにしたら起きるのでしょうか?

Tさん 50代男性 みずがめ座

珍しく男性の方からいただきました。

嬉しいです。

この方は、実は私のメルマガを購読してくださっている読者の方なのですが、先日次元上昇についてメルマガで書かせていただいた時のご質問です。

次元上昇が起こる前どんなことが起きるのか、どういうものが目安・サインなのか、というのをお伝えしました。

私の周りとかでは、次元上昇という言葉に慣れている方が多いのですが、こういった読者の方で、そもそもそういった「次元上昇という言葉って聞いたことがない」という方も実はいらっしゃったんだ、という事に気づかせていただきました。

ありがとうございます。

水瓶座さんは、結構独特なセンスを持っている方が多くて、理論的に理解したほうが理解の方法が早い、という方もいらっしゃるので、みんなが言っている次元上昇と、私が言っている次元上昇って本当に同じものなのか、というのを確認したい、ということでリクエストをいただきました。

Tさん、ありがとうございます。

次元上昇って言葉、普段 口にされている方も結構いらっしゃるのではないかなと思います。では、次元上昇って改めていったいどんなことなのか?

スピリチュアルな観点で言うと、アセンションっていうのが次元上昇の意味で、自分の魂の使命とか、これからどういうことをしていくのか?なんのために生まれてきたのか?っていう事に気付く、覚醒が起きたっていうのが、アセンション(次元上昇)って言ったりするんですね。

ただ、私はそういったスピリチュアルなものも理解していますが、ここで言う次元上昇はちょっと違うかなぁと思います。

次元上昇とはステージアップ

メルマガでメンションした次元上昇は、自分の目標とか夢があって、その目標に対して今いる環境、自分が接している人だったり、自分が見えている景色だったり、そういうものが自分の次元、自分にまつわる次元(わかりやすく言うと環境なんですけど)

そういった環境がすっかり様変わりして、
「自分の夢見ている目標に1歩近付いたな」というような現象が起きた時に次元が上昇した、という風に理解しております。

メルマガでは、「次元上昇する前に、けっこう破壊的なことが起きますよ。」ということを書きましたね。

それを例えば健康が崩れたり、家電が壊れたり、ハプニングが起きたり、「いやだな。やっぱりやめようかな。」って思わせるようなこと。そこで辞めたら、どうなるかどういうと、

また元の次元に戻ってしまって、何も変わりません。

けれども、「それがサインなんだ。これでいいんだ。」って理解できていればすんなりと、

や、すんなりじゃないかもしれないけど(〃艸〃)

次の次元へ、さらに上の次元に行くっていうような、何回か次元上昇して自分の理想の世界にたどりつくような、プロセスです。

次元上昇の仕方

ではどのような次元上昇をしていくのかというと、理解力によっては、難しいお話ですが。

Tさんが、どこまで理解されているのかっていうところにもよるのですが、皆さんに言っている超ベーシックな、超一般的なことで言うと、「自分の上の次元にいるような人に逢いに行く」ってことですね。

普段会っているような人っていうのは、おそらく自分と同じ次元にいる人なんですよね。

「普段自分の周りにはいない、だけどこの人のようになりたいな。」という人がいたら、直接その人達に逢いに行って、その人たちが言っている事とか、見えている世界とか、周りにどんな人脈を持っているかとか、実際体験しに行くっていうのが一番早い方法ではないかなと思います。

段階を踏んでステップアップする

そうなるとね、一気に、すごい世界で知られている人とか、すごい有名人に逢いに行こうとする方がよくいらっしゃいますが・・・

これは少し無謀かなと思います。

ポイント1.あまりにも違いすぎる世界はつらい!?

これはですね、例えばよくタワマンで例えるんですけど、自分が住んでる階が10階だとしてタワマンのトップが50階ぐらいある高層ビルの時。

タワマンのトップの50階に住んでいる人に逢いに行きたいな、とかって思っても、エレベーターも違うし出口も専用のVIP出口があったりして、なかなか50階に住んでる人、トップに住んでる人に逢えないんですよね。

なぜかと言うと、次元が違いすぎて、超無理矢理に逢いに行ったとしても、やっぱり言ってる事が離れすぎてて、10階に住んでる人には想像が出来なかったりするんですね。

例えば、私がドバイに遊びに行った時の話なんですが。

世界で一番高いビルがあるじゃないですか。

中にはホテルとかもあって、1番上はレジデンスなんですよね。

だから友達と二人で、下のテラスでカクテルとか飲みながら、見上げて
「一番上の部屋に住んでる人ってどんな人だろうね。」って妄想するわけですよ。



そうすると、友達が

「超お金持ちだって言うのはわかるんだけど、お金があっても、私はあんな高いところに住みたくないわ。」って言って。

「えーどうして?」て聞いたら

「なんかさ、地震とかあった時に逃げるの大変そうだし、しかも毎日昇り降り大変じゃない。エレベーターがあったとしてもすごい時間かかるじゃん。」と言ってました。


「いやー、トップに住んでる人って、たぶん、ヘリーで移動してるんじゃない?

ヘリコプターで移動してるから、上に着いて、そこから直接自分の部屋に行くから、下は通らないんじゃないの?」と私w


「あ!そっか!」ってなって、

つまりそうゆう話なんですよねwなんですよね

その一番上に住んでる人の世界っていうのは、10階とかに住んでる人には多分想像できないんですよね。

だから、そういう人と頑張って逢おうとして、
「講演会します。セミナーします。10万円です。」
参加費10万円とかっていう機会があったとして

「うわー、奮発して参加しよう!」って、1回 頑張って逢いに行っても、
やっぱり世界が違いすぎて、その人たちが言ってる事ってたぶん想像ができないんですよね。

そうなると「やっぱり無理だわー。あんな人になれない。無理無理!。」って、思ってしまう。

「なんか桁が違いすぎる。ゼロが2個3個違う!」みたいな気持ちになって、結局自信がなくなってしまったりするんですよね。私の場合もそうでした。

ポイント2.ちょっと先を行く人から学ぶ



ですから私が良くやっているのは、50階に住んでる人に逢いたいけど、今は20階に住んでる人に逢ってみようって、いうことです。

20階の人は自分より進んでるし、見えてる景色も一段上がっています。
その人たちがやっていることだったら、もしかしたら私も出来るかもしれないって思って、ちょっと自分にプレッシャーかけるとか、普段やらないようなこととか、例えば普段絶対買わないような高額の商品とかを買ってその人たちの教えというのを学んでみるんですね。

で、その人たちのレベルにまでちょっと近付いたら、
次は、もっと上の人はどんな景色をみているのか、っていうのを見てみるんですよね。

理想としては、20階の人も向上心があってどんどん上に行っているので、その人たちについていけばいつのまにか一番トップへ、タイミングがちょっとずれるかもしれないんですけど、常に引っ張ってもらう、っていうのはすごくいいなぁと思いますね。

そんなに差が大きくない、けれど自分より何歩か進んでいるので、アドバイスもこっちの気持ちも理解できるんです。

アドバイスも適切ですし、引っ張ってもらいやすいというようなことがあって。

だから私は良く、次元上昇で使う手としては、いきなりすごい世界中で有名な人とか、ビジネス業界で有名な人のセミナーにいきなり参加するというよりは、まず自分が逢えるような人、無理のない範囲で逢えるような人とか、自分の今の現状の経済力だったり、時間が許すような人とかのイベントに参加してみるっていうのはすごくお薦めですね。

背伸びしすぎない、でも少し負荷をかける

ただ、次元上昇とは、先ほどメルマガの内容でも伝えた通り、ちょっと破壊的な要素もあるので、やっぱり今手に届くようなもの、例えば今自分の許容範囲で時間とかお金とか出しても、やはり自分のコンフォートゾーンにいるっていうことなので、20階ですらない。

やっぱり10階のままなんですよね。

やってる気になっているのはあるんですけども、やっぱり10階から20階というのは、ひとつのブレイクスルーなので、自分がある程度、負荷がかかるようなことをしたほうがいい、

つまりチャレンジですよね。

行動とチャレンジをしたほうがいいよ、という風に思います。





【Ellenの人生好転オリジナルメソッド】について


                     

*占星術で見た星の動きとその時期を過ごし方
*毎月12星座の月運無料発信
*自分らしく人生を活きる秘訣
*おすすめコスパワイン情報
*楽しいイベントのお知らせ 
などなど、メルマガ配信しています。

◆メルマガ配信設定はこちら

-+———————————-+-

Ellen Consulting

-+———————————-+-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。